スキップしてメイン コンテンツに移動

サッポロ プレミアム

今回は「サッポロ プレミアム」です。
これもまたベトナム旅行で購入しました。

このニュースリリースによると、
サッポロは2011年に日本のビールメーカーとしては初めて
ベトナムにビール工場を立ち上げ、
サッポロとしても初の海外工場だったとのことです。
この「サッポロ プレミアム」は国際戦略商品に位置付けられています。

日本のサッポロ黒ラベルと比較して飲んでみました。

グラスに注ぎます。
色はどちらも薄黄色。泡立ちはサッポロ プレミアムの方が少し少なめ。
香りはサッポロ プレミアムの方がライトに感じました。
あとBLUE CAPのような僅かに草っぽい感じ。

ひと口飲みます。
サッポロ プレミアムはライトでバドワイザーのようです。
アメリカンライトラガーですね。
比較すると黒ラベルは後味にコクがあります。
飲み比べてみると面白いです。

なお、2017年3月の記事でこんなのを見つけました。
”サッポロ、ベトナムでビール苦戦。赤字体質脱却なるか”
日本のビールメーカーを代表して、
ぜひ頑張って欲しいところです。

右がサッポロ プレミアム(Sapporo Premium)
■評価(5段階)
苦味:
★★
甘味:
酸味:
ボディ:
★★
香り:
★★


■商品紹介
商品名:
サッポロ プレミアム(Sappro Premium)
メーカー:
サッポロ・ベトナム・リミテッド
スタイル:
ラガー
原料:
麦芽、ホップ、米
アルコール度数:
5.0%
色:
薄黄色
購入場所:
ベトナムのコンビニ
容量:
330ml

コメント

このブログの人気の投稿

マストリ ビライ ウンブリ ブロンドエール コッタ 19

本日は「マストリ ビライ ウンブリ ブロンドエール コッタ 19」。
長いですね…イタリアのビールです。
近所のイオンのお酒コーナーで売られていたのを発見。
他にも「ホワイト コッタ 14」と
「ダブルモルト ブロンドエール 75」があったので
一緒に購入です。

泡立ちはなかなか良いですね。
無濾過のようで、注ぐ時に最後に濁った感じがありました。
香りは最初にちょっと酵母っぽい特有の香りが軽くあり。 飲んでみると…結構ドライです。キレが良く感じます。 あまりエールっぽくなく、ラガーとして出されても気づかないかもしれません。

■評価(5段階)
苦味: ★★ 甘味: ★★ 酸味: ★ ボディ: ★★ 香り: ★★ ■商品紹介 商品名: ブロンドエール コッタ 19 メーカー: マストリ ビライ ウンブリ (イタリア) 容量: 375ml スタイル: ブロンドエール 原料: 麦芽、ホップ、麦、糖類 アルコール度数: 5.5% 色: 薄黄色

パルジャス セゾン/バーバリックワークス リアルブラックサンデー/京都醸造 一意専心

お気に入りのビアバーでいただいた本日のビールたちについて。

[1] パルジャス セゾン
ベルジャン酵母特有の香り。色は薄い。
ドライながらもしっかりとしたボディを感じる。
白ビールっぽい感じがあり、酸味と苦味が同等、甘さ控えめ。
あとに苦味が効いてくる。
夏向きでまさにセゾン。

醸造所: ヘリンクス醸造所(委託先:アンデルス醸造所) スタイル: セゾン アルコール度数: 6% 色: 薄黄色 公式サイト: リンク
■評価(5段階)
苦味: ★★★ 甘味: ★★ 酸味: ★★★ ボディ: ★★★ 香り: ★★★
[2]リアルブラックサンデー
リアルエールでいただきました。泡が優しい。
コーヒーを思わせる苦味としっかりとしたコク。
時間が経つとライトになり飲みやすかった。


醸造所: バーバリックワークス スタイル: スタウト アルコール度数: 5.0% 色: 黒
■評価(5段階)
苦味: ★★★★ 甘味: ★★ 酸味: ★ ボディ: ★★★ 香り: ★★★
[3]京都醸造 一意専心
苦味が効いていてさすがIPA。
ただ、ベルジャン酵母っぽい香りがします。
あと、小麦っぽい後味を感じます。
HPを見たところ「ベルジャンIPA」となっており、
小麦麦芽も使われていました。

セゾンに分類されていても違和感ない感じです。



醸造所: 京都醸造 スタイル: IPA アルコール度数: 6.5% 色: 薄黄色 公式サイト: リンク
■評価(5段階)
苦味: ★★★★ 甘味: ★★ 酸味: ★★ ボディ: ★★★ 香り: ★★★

よなよなエール飲み比べ

本日は日本のクラフトビールの代表格「よなよなエール」です。
今年20年を迎えたよなよなエールはこの9月にリニューアルしました!

ということで今回は飲み比べです。



さてどっちがどっちでしょうか?
(パッケージの違いをご存知ならすぐわかりますね!)
[1] よなよなエール(トラディッショナル) ここではリニューアル前のよなよなを「トラディッショナル」と書きます。
(一般的ではありません)

エールらしい甘さで苦味は控え目に感じます。
あと味は軽いカラメル感。香りはちょっと弱めです。
色は濃いめの赤銅色。

■評価(5段階)
苦味: ★★ 甘味: ★★★ 酸味: ★ ボディ: ★★★ 香り: ★★ [2] よなよなエール(リニューアル) 新バージョンは「リニューアル」で。

はっきりと柑橘系のホップの香りを感じます。
全体的にすっきりした今風のアメリカンペールエールに近くなったように思います。
色はトラディッショナルより少し明るめ。
色と香りではっきりと違いがわかります。

■評価(5段階)
苦味: ★★ 甘味: ★★★ 酸味: ★ ボディ: ★★ 香り: ★★★
■商品紹介
商品名: よなよなエール メーカー: ヤッホーブルーイング 容量: 350ml スタイル: ペールエール 原料: 麦芽・ホップ アルコール度数: 5.5% 色: 赤銅色
さて正解は…
左が「リニューアル」。右が「トラディッショナル」。
パッケージの月の色も変わって、リニューアル版の方が明るめです。
あと、下の文言も「香りのエールビール」から「クラフトビール」に変わってますね。

ちなみによなよなエールのバーコードは"47478619"。
通常、日本のメーカーは"45"または"49"で始まるそうです。
そして"474"はエストニアです!
ヤッホーブルーイングはエストニアにもあるのかな…
しかし見えないところにもこだわってますね♪