スキップしてメイン コンテンツに移動

海の向こうのビアレシピ〈芳醇カシスのまろやかビール〉

今回はサントリーの「海の向こうのビアレシピ〈芳醇カシスのまろやかビール〉」です。
この4月から酒税法改正によりビールの定義が広がりました。
日本の大手ビールメーカーでは一番早い商品かと思います。

グラスに注ぎます。
見事なワインレッドです。
泡はほんのりピンク。泡立ちは良いです。
香りは…ビールらしい香りはあまり感じません。
軽くカシスの酸味を思わせる香りがあります。

ひと口飲みます。
ジュースのような軽さでスイスイ飲めます。
ただ、ビールらしさがほとんど感じられないため
個人的には微妙かなぁ。

なお、この4月からのビール新定義では
麦芽の5%未満であれば使える副原料の種類が増え、
その中に「果実」が入っているのですが、
この商品は「濃縮果汁」を使っているところに
「へー、これでもいいんだ?」と思いました。
重量比率は3%みたいですが、「濃縮」ですからね…
これがビール感がなくなっている理由な気がします。

何はともあれ、これから各社から発売される新しいビールが楽しみです。


■評価(5段階)
苦味:
甘味:
酸味:
★★
ボディ:
香り:
★★

■商品紹介
商品名:
海の向こうのビアレシピ〈芳醇カシスのまろやかビール〉
メーカー:
サントリービール
スタイル:
フルーツビール
原料:
麦芽、ホップ、カシス
アルコール度数:
5.5%
色:
ワインレッド
購入場所:
ファミリーマート
容量:
350ml
購入価格(税込):
223円

コメント

このブログの人気の投稿

マストリ ビライ ウンブリ ブロンドエール コッタ 19

本日は「マストリ ビライ ウンブリ ブロンドエール コッタ 19」。
長いですね…イタリアのビールです。
近所のイオンのお酒コーナーで売られていたのを発見。
他にも「ホワイト コッタ 14」と
「ダブルモルト ブロンドエール 75」があったので
一緒に購入です。

泡立ちはなかなか良いですね。
無濾過のようで、注ぐ時に最後に濁った感じがありました。
香りは最初にちょっと酵母っぽい特有の香りが軽くあり。 飲んでみると…結構ドライです。キレが良く感じます。 あまりエールっぽくなく、ラガーとして出されても気づかないかもしれません。

■評価(5段階)
苦味: ★★ 甘味: ★★ 酸味: ★ ボディ: ★★ 香り: ★★ ■商品紹介 商品名: ブロンドエール コッタ 19 メーカー: マストリ ビライ ウンブリ (イタリア) 容量: 375ml スタイル: ブロンドエール 原料: 麦芽、ホップ、麦、糖類 アルコール度数: 5.5% 色: 薄黄色

よなよなエール飲み比べ

本日は日本のクラフトビールの代表格「よなよなエール」です。
今年20年を迎えたよなよなエールはこの9月にリニューアルしました!

ということで今回は飲み比べです。



さてどっちがどっちでしょうか?
(パッケージの違いをご存知ならすぐわかりますね!)
[1] よなよなエール(トラディッショナル) ここではリニューアル前のよなよなを「トラディッショナル」と書きます。
(一般的ではありません)

エールらしい甘さで苦味は控え目に感じます。
あと味は軽いカラメル感。香りはちょっと弱めです。
色は濃いめの赤銅色。

■評価(5段階)
苦味: ★★ 甘味: ★★★ 酸味: ★ ボディ: ★★★ 香り: ★★ [2] よなよなエール(リニューアル) 新バージョンは「リニューアル」で。

はっきりと柑橘系のホップの香りを感じます。
全体的にすっきりした今風のアメリカンペールエールに近くなったように思います。
色はトラディッショナルより少し明るめ。
色と香りではっきりと違いがわかります。

■評価(5段階)
苦味: ★★ 甘味: ★★★ 酸味: ★ ボディ: ★★ 香り: ★★★
■商品紹介
商品名: よなよなエール メーカー: ヤッホーブルーイング 容量: 350ml スタイル: ペールエール 原料: 麦芽・ホップ アルコール度数: 5.5% 色: 赤銅色
さて正解は…
左が「リニューアル」。右が「トラディッショナル」。
パッケージの月の色も変わって、リニューアル版の方が明るめです。
あと、下の文言も「香りのエールビール」から「クラフトビール」に変わってますね。

ちなみによなよなエールのバーコードは"47478619"。
通常、日本のメーカーは"45"または"49"で始まるそうです。
そして"474"はエストニアです!
ヤッホーブルーイングはエストニアにもあるのかな…
しかし見えないところにもこだわってますね♪

パルジャス セゾン/バーバリックワークス リアルブラックサンデー/京都醸造 一意専心

お気に入りのビアバーでいただいた本日のビールたちについて。

[1] パルジャス セゾン
ベルジャン酵母特有の香り。色は薄い。
ドライながらもしっかりとしたボディを感じる。
白ビールっぽい感じがあり、酸味と苦味が同等、甘さ控えめ。
あとに苦味が効いてくる。
夏向きでまさにセゾン。

醸造所: ヘリンクス醸造所(委託先:アンデルス醸造所) スタイル: セゾン アルコール度数: 6% 色: 薄黄色 公式サイト: リンク
■評価(5段階)
苦味: ★★★ 甘味: ★★ 酸味: ★★★ ボディ: ★★★ 香り: ★★★
[2]リアルブラックサンデー
リアルエールでいただきました。泡が優しい。
コーヒーを思わせる苦味としっかりとしたコク。
時間が経つとライトになり飲みやすかった。


醸造所: バーバリックワークス スタイル: スタウト アルコール度数: 5.0% 色: 黒
■評価(5段階)
苦味: ★★★★ 甘味: ★★ 酸味: ★ ボディ: ★★★ 香り: ★★★
[3]京都醸造 一意専心
苦味が効いていてさすがIPA。
ただ、ベルジャン酵母っぽい香りがします。
あと、小麦っぽい後味を感じます。
HPを見たところ「ベルジャンIPA」となっており、
小麦麦芽も使われていました。

セゾンに分類されていても違和感ない感じです。



醸造所: 京都醸造 スタイル: IPA アルコール度数: 6.5% 色: 薄黄色 公式サイト: リンク
■評価(5段階)
苦味: ★★★★ 甘味: ★★ 酸味: ★★ ボディ: ★★★ 香り: ★★★